quality-100-suzukiqtato-ec-2
暮/くらし2020.08.09

新潟県南魚沼市出身・
鈴木Q太郎さん
(ハイキングウォーキング)の、
「当たり前」な新潟の
魅力は「耕運機」!?

新潟県民にとってなんてことない日常の「当たり前」。けれど、よく考えると全然当たり前じゃないかも!? そんな新潟の魅力を新潟県に縁のある方に聞いてみました。

鈴木Q太郎さん

にいがた当たり前品質100・選者
鈴木Q太郎さん
(ハイキングウォーキング)

新潟県南魚沼市出身。南魚沼市交流大使。2001年に松田洋昌さんとお笑いコンビ「ハイキングウォーキング」を結成。吉本興業所属で、趣味を活かし「吉本プラモデル部」でも活躍している。
Twitter

耕運機
ハイキングQ太郎さんよりご提供いただいた「耕運機」

【編集部からひと言】
通学路がアトラクション

学校から帰宅中に歩いていて、たまたまご近所さんや知り合いの耕運機などに出会えれば
乗せてもらって帰る事ができます!
スピードは遅くてスリルは全くありませんがちょっとした揺れが楽しめます!
また、学校が休みの日に家の手伝いをすれば都会の人が乗ることのできない稲刈り機や田
植え機に乗せてもらう事もできるんです!(鈴木Q太郎/ハイキングウォーキング)

「当たり前」のたんぼ道

碁盤の目のように整った田んぼ道や、信号もなくまっすぐに伸びた農道にふと、すがすがしい気持ちになること、ありますよね。
そんな風景に包まれながらの登下校は、贅沢な体験なのかもしれません。