新潟のつかいかた

四季折々の豊かな表情と地域の食材も堪能できる。新潟キャンプの楽しみ方

四季折々の豊かな表情と
地域の食材も堪能できる。
新潟キャンプの楽しみ方 Posted | 2020/10/05

海・山・川! 大自然が誘う非日常な世界

雄大な日本海と山々に囲まれ、四季折々の美しい景観を楽しめる新潟県。絶好のロケーションを誇るキャンプ場が充実しており、新潟を拠点としているアウトドアメーカーも多数あります。キャンプを目的に新潟を訪れる人もじわじわと増えています。

今回、キャンプの楽しみ方を教えてくれるのは女子キャンプユニット〈GOOD MELLOW CAMP(グッドメローキャンプ)〉の代表、PEKOさん。Instagramのフォロワー数は1万人を超え、企業依頼によるアウトドア用品のPRや撮影、キャンプ風景をかわいらしく魅せる投稿をレクチャーするSNS講習会、キャンプイベント主宰など、多岐に渡る活動をこなしています。

PEKOさん
メンバーで代表のPEKOさん。気さくな人柄が魅力的です。

メンバーは「キャンプが好き」を合言葉に集まった新潟在住の女性8人。新潟県をはじめ全国各地の絶景を楽しめるキャンプ場やスポットを訪れ、自由なスタイルのキャンプを楽しんでいます。

テント前で談笑中
キャンプを楽しむだけではなく、その魅力を伝えるための活動にも積極的。(写真提供:GOOD MELLOW CAMP)

今回、キャンプの体験取材を実施したのは、まだまだ暑さが残る初秋。この時期にぴったりなキャンプ地としてPEKOさんが選んでくれたのは、ビーチグランピング施設〈SUNSET CAMP FIELD FUJITSUKA(サンセットキャンプフィールド フジツカ)〉。新潟県の北部・新発田市にある人気スポット「藤塚浜海水浴場」にあるキャンプ場です。

海をのぞむポイントに貼られたテント
すぐ目の前に青い海が広がる抜群のロケーション。(写真提供:SUNSET CAMP FIELD FUJITSUKA)

「私たちがこれまでに訪れた新潟県内のキャンプ場は、佐渡も含めて20か所ほど。季節の自然を身近に感じられるスポットがたくさんあります。今回のSUNSET CAMP FIELD FUJITSUKAは、なんといっても、海から15秒の好立地。こんなに海に近いキャンプ場は、新潟でもなかなか珍しいんですよ」

白い砂のロングビーチ
全長500メートルのスケールを誇る白い砂浜のロングビーチが広がります。(写真提供:SUNSET CAMP FIELD FUJITSUKA)

キャンプ場内にはグランピングテント3棟が常設されており、初心者でも気軽にキャンプ体験ができます。最大6人(大人4人、または大人2人+子ども4人まで)で使用できるテントは、広々としていて快適。ダブルベッドやハンモック、ローテーブルなどを備えているので、キャンプ道具が揃っていなくても安心です。区画内では自前テントの持ち込みもOK。

また、こちらでは、新潟県内ではまだ珍しいテントサウナもあります。ポカポカと体の芯から温まる感覚に、ヤミツキになる人が増えているんだとか。夏ならばサウナ後に海でクールダウンすれば、自然との一体感を感じられるとのこと。最高に気持ち良さそう。

それでは、波音が心地良いビーチを舞台に、いよいよキャンプのスタートです。

キャンプ料理を囲んで乾杯

次のページ:季節を五感で満喫する
キャンプごはん&アクティビティ


次のページへ →