新潟のつかいかた

おやつにおつまみ、お酒の〆にもどうぞ

米どころ新潟の
自信作〈新之助〉を
とことん味わう | Page 3 Posted | 2019/09/20

おやつにおつまみ、お酒の〆にもどうぞ

ご飯と一緒に味わえるおかずレシピの次は、スナック感覚で、またお酒とともに楽しめるレシピをご紹介します。人が集まるパーティーやおもてなしのメニューにもおすすめです。

【 Recipe 3:新之助の唐揚げ 】

新之助の唐揚げ

3品目は、新之助を周りはカリッと、中はもっちりとした唐揚げ風にアレンジします。青のり、粉チーズ、味噌など味付けのアレンジも可能。ひと口サイズのため、子どものおやつやビールのおつまみにも最適です。粘りと弾力を合わせ持つ新之助をしっかり丸めることで、形崩れがしにくく仕上がります。

Recipe

大葉入りとカレー風味の唐揚げ

【所要時間】 10分(米を炊く時間は除く)

【材料】 2人分

・ご飯 …… 200グラム

・大葉 …… 6枚

・カレー粉 …… 小さじ1/4

・塩 …… 小さじ1/4

・醤油 …… 小さじ1/4

*小麦粉 …… 20グラム

*水 …… 80グラム

・揚げ油 …… 適量

【作り方】

1 大葉はみじん切りにする。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

2 ご飯の半量にと塩、残りの半量にカレー粉と醤油を混ぜ合わせる。

3 をひと口大に丸め、を混ぜ合わせて絡める。

4 を油で揚げる。

【 Recipe 4:焼きおにぎり茶漬け 】

お茶漬けを匙ですくう

4品目は、新之助のやさしい甘みがだしの風味とぴったりな「焼きおにぎり茶漬け」。焼きおにぎりにすることで、新之助の豊かな香りがより香ばしくなります。サラサラとして食べやすいので、小腹が空いたときやお酒の〆にぜひ。

Recipe

お吸い物のような焼きおにぎり茶漬け

【所要時間】 15分(米を炊く時間は除く)

【材料】 2人分

・ご飯 …… 200グラム

・三つ葉 …… 少々

・すだちの皮 …… 少々

*だし汁 …… 2カップ

*みりん …… 大さじ1.5

*薄口醤油 …… 大さじ1.5

【作り方】

1 ご飯はおにぎりにして、網で両面焼き、器に盛る。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

2 の材料を温める。

3 をかけ、三つ葉とすだちの皮を乗せる。

〈新之助〉のアレンジレシピはいかがでしたか?

米どころの新潟県が威信をかけて生み出した新之助。その開発秘話や特徴を知ったうえで調理したり食したりすると、より味わい深くなりますね。また、食卓でそのストーリーを共有することで話に花が咲くことでしょう。この秋には新之助を取り寄せて、とことん味わってみては?

新之助を使った4つの料理

credit recipe:山村真由美 text:長谷川梨紗(くらしさ) photo:長谷川浩史(くらしさ)