新潟のつかいかた

思ったよりもハードル低め?豪雪地帯で冬キャンプ

思ったよりもハードル低め?
豪雪地帯で冬キャンプ Posted | 2022/02/08

グッドメローキャンプ・PEKOさんの冬キャンプ1日ルーティン

新潟は日本屈指の豪雪地帯。冬のアクティビティには事欠きませんが、キャンプ人気から、冬でもキャンプに挑戦する人が増えています。とにかく寒そうなイメージですが、実は工夫次第では、どうやらそうでもないらしいんです。

新潟は12月から3月末頃まで雪のシーズン。ということは冬キャンプのほとんどの場合が、雪キャンプです。でもやったことのない人間からすると、なにをどうすればいいのか、さっぱり。まずは、〈グッドメローキャンプ〉のPEKOさんに雪キャンプの1日について聞いてみました。

雪山でローチェアに座りながらお茶を飲む
雪でいろいろなものが覆い隠されて、美しい光景が広がるのも雪キャンプの魅力。

「到着したらまずは設営ですね。すでに雪が積もっていれば、荷物を車から運ぶときにはソリを使ったりするので、その時点でけっこう遊びの要素があります」

気に入った場所を見つけたら、テントを張るスペースをつくるために、踏み固めて雪を平らにしていきます。なかには、スコップで掘ったりして本格的な整地を楽しむ人もいるそうです。テントを張ったら、内部をストーブでしばらく暖めます。PEKOさんがキャンプで使っているのは灯油ストーブ。

雪キャンプの準備中
このときは、中央に薪ストーブを置いた。

「コンパクトで燃費もいいので最初に買うなら灯油ストーブはおすすめです。いま薪ストーブを買おうか迷い中なんですが、本体はもちろん、燃料の薪もかさばるので、大きな車じゃないと少し厳しいんですよね」

テント内でストーブを使うときは、換気をしつつ、一酸化炭素アラームを使用。安全対策も欠かしません。いずれにせよ、ストーブはマストアイテム。

「ぜんぜん寒くないですよ。薪ストーブとか入れちゃったら、むしろ暑いくらいです。テント内はかなり薄着で過ごしています。夏場と違って、虫もいないですし、人によっては冬キャンプのほうが快適かもしれません。空気も澄んでいるので、星空もきれいです」

雪キャンプだとストーブを入れる関係で、テントは大きめを使う人が多いとのこと。PEKOさんのテントは床がない、いわゆるフロアレスシェルターと呼ばれるものです。

設営したテント
フロアレスシェルターでは雪を直接感じられる。

「フロアレスシェルターを使うと、床部分が雪になるんですが、これが結構楽しいんです。土よりも清潔な感じがしますし、雪を使って、椅子とかテーブルをつくったりして遊ぶこともあります」

雪の結晶型のパスタを使ったスープ

次のページ:寒いときほど体に染みる、PEKOさんの冬キャンプ定番料理


次のページへ →