新潟のつかいかた

海で遊べる柏崎・鯨波の“つかいかた”

初心者でも
気軽に日本海の大海原へ!
シーカヤックで鯨波の
自然美に魅せられるプチ冒険 | Page 3 Posted | 2019/09/06

気軽に! 自由に! 海で遊べる柏崎・鯨波の“つかいかた”

まさに海の男というイメージの杤堀さんですが、実家が営む旅館を継ぐために帰郷したのが2009年のこと。もともとは東京でイベント関係の仕事に就いていたそう。「帰って来るにあたり海の趣味を始めようと思い、シーカヤックを購入したんです。私自身もハマってしまい、ひとりで乗っているだけではもったいないと考えて、シーカヤックのレンタルを始めたんです」

砂浜のデッキで杤堀にインタビュー
地元の杤堀さんですら、カヤックに乗って初めて鯨波の海の美しさに驚いたそう。

このエリアは昔から船遊びが盛んで、かつては観光遊覧船が出ていたこともあるそうですが、現在はなくなってしまったため、この自然美を間近で楽しめる手段のひとつがシーカヤックとのこと。杤堀さんのシーカヤック体験は、さまざまなアクティビティを追加することもできます。たとえば沖の岩場にカヤックを上陸させて、シュノーケリングや釣りを楽しんだりすることもOKです。

シュノーケリングマスク
シュノーケリングのマスクは無料でレンタルできますよ。

「荷物を積んで移動先でダイビングしたり、料理したり。海上を漕ぐ楽しさだけに留まらないところもシーカヤックのいいところなんです」

今回は約2キロメートル漕いだ先にある「だるま岩」が目的地でしたが、その先の「恋人岬」まで行ったり(往復で約3時間半)、半日釣りをしたり、オーダーメイドでコースを組んでもらうこともできるそう。

360度海に囲まれながらシーカヤック
視界を遮るものが一切ない空間は、体験しないとわからない魅力が。

こんなに楽しめて、基本料金は1時間1000円、初心者講習費500円、保険500円とリーズナブル(※土・日・祝日料金あり、施設利用費別途)。

シーカヤック初経験だった取材陣も、2時間たっぷり楽しめました。本格的にスキルを磨くスクールはあっても、このように手頃で気軽に初心者体験ができる場所は珍しいとのこと。しかも鯨波海岸は、車なら関東から約3〜4時間で来ることができるので、日帰りで遊びに来るお客さんが多いそうです。水着やラッシュガードのレンタルもしているので、手ぶらでOKなところもうれしいポイントでしょう。

インタビュー中の杤堀さん
杤堀さんはご当地サイダーを開発したり、柏崎を盛り上げる活動に取り組んでいます。

「海に出ると目の前には人工物がないし、道があるわけではないので、どこに進んでもいい。こんな環境は日常にはなかなかないし、海は自由度がとても高い場所なんです。気軽に楽しんでほしいですね」

秋の海や砂浜を楽しむイベント「ビーチピクニック」を企画・実施するなど、さまざまな海遊びを発信・提案する杤堀さん。今は、鯨波の砂浜が道路との高低差が少ないことをバリアフリーと捉え、砂浜を走れて水に濡れても平気な車椅子の導入を進めているそう。

ビーチでも乗れる車椅子
ビーチでも乗れる車椅子。高齢者や障がいのある人でも海を楽しめる。(写真提供:杤堀耕一)

日帰りでマリンレジャーを楽しむもよし、シーカヤックの後に夕焼けをバックにバーベキューを楽しんで1泊、翌日に日本海の海の幸を食べて帰る1泊2日コースもおすすめです。

デッキ
海辺のデッキでのんびりするひとときも贅沢な時間に感じました。

新潟の自然を全身で満喫しに、ぜひ柏崎の鯨波海岸に足を運んでみてください。日常では体験できない冒険があなたを待っているはずです。

浜辺に戻ってきたシーカヤック

Information

【小竹屋旅館】

address:新潟県柏崎市鯨波2-3-6

tel:0257-23-6450

access:JR鯨波駅から徒歩約5分

シーカヤック体験は 5月〜10月上旬まで。7月中旬から8月中旬の間は海水浴客で混雑するため休止、要問い合わせ。

web:小竹屋旅館|www.odakeya.com

credit text:丸山智子 photo:中田洋介