新潟のつかいかた

心地いい海風を感じながらホッとひと息

夏本番! 海が見える
新潟のカフェ&レストラン6選 | Page 2 Posted | 2021/07/23

吹き抜ける風を感じながら、青い海を眺めてのんびり
〈海カフェ ネフ〉

小針浜海水浴場で海の家を改装してつくられたカフェ。基本的に窓は悪天候の日以外は開けっぱなしです。

〈海カフェ ネフ〉の内観
どんなに暑い日でも風が抜けていくから、まるで天然のクーラーみたい。

心地よい風に誘われるように窓のほうに近づくと、白い砂浜と青い海が目に飛び込んできます。

野菜カレーと豆入りキーマカレー
「野菜カレーと豆入りキーマカレー」(1350円)。夏にぴったりのスパイシーなカレーです!

地元産野菜をふんだんに用いたランチには、手摘みの野草茶などの手づくりドリンクを好きなだけ楽しめるフリードリンク(単品500円)がセットに。

フリードリンクコーナー
フリードリンクコーナー。お好きなものをお好きなだけ、どうぞ!

海水浴シーズンには色とりどりのパラソルの花が咲き賑やかになりますが、この時期以外の砂浜はとても静か。季節、天候によってさまざまに表情を変える海の景色を、何度も足を運んで確かめたくなりますね。

Information

【海カフェ ネフ】
address:新潟県新潟市西区青山海岸小針浜
tel:025-201-4011
営業時間:11:30~17:00(ランチタイムは~14:30)
定休日:土~月曜(営業は~11月中旬)
web:海カフェ ネフ

ビーチまでたったの5秒! テラスでハンバーガーをいただきます〈うみねこテラス&スキムガーデン〉

入口の扉を開けて奥に目を向けると、そこには直江津の青い海と空が一面に! オーナーが手づくりしたテーブルや棚が並ぶ白を基調とした店内もすてきですが、ほとんどのお客さんが、2021年にリニューアルされたばかりのテラス席へ向かっていくそうです。

〈うみねこテラス&スキムガーデン〉の店内
店内の窓いっぱいに水平線が見えます。

目の前の海には5秒ほどでたどり着ける近さ。まさにプライベートビーチで、キラキラと輝く海面が美しい!

テラス席
潮風がきもちいいテラス席。

テラスでお気に入りの席に腰かけて、波の音や潮風をダイレクトに感じながら食べる手づくりのハンバーガーやホットサンドが最高においしいのです!

うみねこバーガー
名物の「うみねこバーガー」(1200円)。

イチオシは、ボリューム満点の「うみねこバーガー」。大きなパティで食べ応えあり!

女子にはSNS映えを意識した華やかなビジュアルのドリンクもおすすめです。

Bigソーダ
カップルでシェアして楽しめる「Bigソーダ」(900円)。

また、波打ち際で波に乗り滑って楽しむウォータースポーツ・スキムボードの体験(要予約)や貸出も行っているので、気軽にスタッフに声をかけてみて。通常閉店は16時30分までですが、サンセット営業を行なうこともあるそう。詳細はInstagramなどで確認を。

夕焼けの景色
空が真っ赤に染まる夕焼けの景色は必見です。

Information

【うみねこテラス&スキムガーデン】
address:新潟県上越市五智2-13-58
tel:025-542-9027
営業時間:11:00~16:30(16:00L.O.)
定休日:不定休
web:Instagram

〈燦燦カフェ〉のサンドイッチ

次のページ:地元食材をふんだんに
使ったメニューが魅力


次のページへ →