新潟のつかいかた

知られざる逸品! こだわりが詰まったパンとスイーツ

新潟に来たら
絶対に食べてほしい!
『Komachi』編集部が選ぶ
2018新潟ベストグルメ10選 | Page 2 Posted | 2018/12/10

知られざる逸品! 
こだわりが詰まったパンとスイーツ

【 Gourmet 4 】

老舗和菓子店が贈る至高のかき氷
〈丸屋本店〉

宇治金時
素材ひとつひとつにこだわった「宇治金時」(840円)を求めて多くの人が訪れます。

新潟には和菓子店が多く、イートインも珍しくありません。明治11年創業の和菓子店〈丸屋本店〉の一角にある〈丸屋茶寮〉は、老舗ならではの技が生きた和スイーツが自慢。おいしく食べてもらうため、注文を受けてから調理に入り、お茶や葛切りなどを、客前でつくって提供しています。

高級吉野葛から作る葛切り
目の前で高級吉野葛から作る葛切り(800円)。プルプルと弾むような舌触りは絶品。

なかでも注目したいのが、近年ブームにもなったかき氷。定番の「宇治金時」は、佐渡の海洋深層水でつくるふんわり氷に、宇治抹茶を使った濃いめの自家製シロップが。北海道産小豆をふっくら炊き上げた大納言と合わせて食べれば、爽やかで上品な苦味とやさしい甘みのハーモニーがたまりません。

宇治抹茶〈桐の森〉
シロップには、数ある抹茶の中から選び抜いた宇治抹茶〈桐の森〉を使用。

Information

【丸屋本店】

address:新潟県新潟市中央区東堀通6-1038

tel:025-229-3335

access:JR新潟駅から車で約10分

営業時間:9:30~20:00

定休日:1月1日

駐車場台数:提携あり 席数:10席

【 Gourmet 5 】

日本海を望む、県産小麦ベーカリーの新星
〈パンといす〉

〈パンといす〉外観
海を望む高台に立つパン屋さん。住宅街の小道を曲がった先に、ひっそりと佇んでいます。

柏崎の海を一望できる、絶好のロケーションに立つベーカリー〈パンといす〉。今年オープンしたばかりのこちらは、空と海の青に映える真っ白な建物が目印です。

お店を営む中島さんご夫妻の自信作は、県産小麦〈ゆきちから〉を主役にした素朴な味わいのパン。歯切れの良さと香ばしい風味が早くもパン好きをとりこにしています。

〈パンといす〉の各種パン・サンドウィッチ
県産小麦〈ゆきちから〉を使った食パンでつくるミニサンドなど、多彩な顔ぶれがそろいます。

店の中には、家具職人でもあるご主人手づくりの椅子が置かれたイートインスペースも。営業時間が短いので、焼きたてのパンがそろうオープン直後を狙って訪れるのがおすすめです。

毎日15~20種のパンが並ぶ
オープンに合わせて、ご夫婦で毎日15~20種のパンを焼き上げています。

Information

【パンといす】

address:新潟県柏崎市番神2-9-56

tel:0257-37-2969

access:JR鯨波駅から車で3分

営業時間:11:00~15:00

定休日:月~水曜

駐車場台数:共有あり 席数:3席

パンがなくなり次第終了

【 Gourmet 6 】

地元の定番! つくりたての
和洋菓子を味わえる〈江口だんご 本店〉

五色だんご
「五色だんご」(5本756円)は、自家製粉の米粉でつくる団子にこしあん、抹茶など5種のあんを合わせた人気商品。

長岡市で創業100年以上の歴史を持つ菓子舗でいただけるのは、お土産にもぴったりな手づくりの餅菓子たち。古民家を再生した、どっしりとした店構えも魅力です。

古民家風の店内
古民家風の店内に、県産米を使った種類豊富な餅菓子が並ぶ。もちろん定番の笹団子も。

1階は団子や饅頭などの販売スペース、2階には里山の風景を眺めながらゆったりとくつろげる喫茶室があり、週末限定で体験教室も開催しています。さらに、併設の〈雪甘月〉では看板メニューのロールケーキをはじめとした多彩な洋菓子をイートインで味わえるスペースも。

雪甘月ロール
ふわふわのスポンジが絶妙な看板メニュー「雪甘月ロール」(プレーン1カット432円、1本1296円)を店内で。

鮮やかなバラ園で知られる「越後丘陵公園」にもほど近く、お出かけついでの立ち寄りスポットとして地元の人からも親しまれています。

Information

【江口だんご 本店】

address:新潟県長岡市宮本東方町52-1

tel:0120-27-4105

access:JR長岡駅から車で約20分

営業時間:9:00~18:00(喫茶は10:00~17:30)

雪甘月 10:00~17:00(2019年5月まで土・日曜・祝日のみ営業)

定休日:1月1日

駐車場台数:30台 席数:30席(雪甘月は14席)

〈能登新〉の「料亭のはらこ丼」

次のページ:ブランド肉に海の幸、
特産品が味わえるレストランへ!


次のページへ →