新潟のつかいかた

「新潟島あっさりしょうゆ」と「三条カレーラーメン」

新潟5大ラーメンは
これを食べるべし!
地元情報誌『Komachi』
が選ぶ10店 | Page 3 Posted | 2018/06/07

【新潟島あっさりしょうゆ】

屋台時代の極細麺をいまもつくり続ける〈三吉屋 本店〉

屋台時代の極細麺をいまもつくり続ける〈三吉屋 本店〉中華そば(600円)
中華そば(600円)

新潟市の中心部には、1960年代頃まで多くの堀が流れていました。その堀沿いに軒を連ねていた屋台から生まれた一杯が「新潟島あっさりしょうゆ」。〈三吉屋 本店〉は、そんな歴史深いラーメンをいまに伝える代表格。

看板の「中華そば」は屋台の利用客を待たせたくないという理由から生まれた、そうめんのような極細麺が最大の特徴。細いながらもコシがあり、のど越しは抜群。極細麺が鶏ガラやトンコツをベースにした飴色スープの中を泳ぐ姿は美しさを覚えるほどですが、のびないうちにサッといただきましょう。

口当たりが軽いため、地元の人は夕食前におやつ感覚で食べたり、二日酔いの朝に酔い覚ましに食べたりするほど。小さなお店なので、相席前提で行ってみて。三吉屋は新潟市内に3店舗、JR新潟駅近くにもありますよ。

Information

【三吉屋 本店】

address:新潟県新潟市中央区西堀通5-829

tel:025-222-8227

access:JR新潟駅から車で約10分

営業時間:11:00~16:00、17:00~19:00

定休日:火曜

駐車場台数:なし 席数:22席

【新潟島あっさりしょうゆ】

売り切れ御免のワンタンメンは必食!〈信吉屋〉

売り切れ御免のワンタンメンは必食!〈信吉屋〉ワンタンメン 普通(700円)
ワンタンメン 普通(700円)

新潟市中央区で1951年から続く、「人情横丁」と呼ばれる商店街の中にあります。8席のみの小さなお店ですが、開店から閉店までお客さんでいっぱい。名物は13時には売り切れてしまう「ワンタンメン」。ワンタンは豚肉と特製の調味ダレを合わせた手づくりで、ワンタンが崩れないように大きなレンゲを使っているところもポイントです。

丼の底まで見えるような透明度が高いスープは、カツオ節と煮干しダシがベース。口当たりはあっさりですが、じんわりと満足感がこみ上げてきます。麺は新潟島あっさりしょうゆならではの極細麺。ゆでる直前に軽く手もみすることで、程よい縮れが生まれています。上品とも懐かしいともいえる確かな味わいです。先に紹介した三吉屋 本店と近く、食べ歩きもできるかも。

Information

【信吉屋】

address:新潟県新潟市中央区本町通5番町423-7 本町中央市場(人情横町)内

tel:025-228-3436

access:JR新潟駅から車で約10分

営業時間:11:00~麺なくなり次第終了

定休日:木・金曜

駐車場台数:なし 席数:8席

【三条カレーラーメン】

カレーラーメンを盛り上げる立役者〈正広〉

カレーラーメンを盛り上げる立役者〈正広〉カレーラーメン(850円)
カレーラーメン(850円)

JR燕三条駅から車で5分ほど。三条市内にある〈正広〉は、地元に70年以上前から根づくカレーラーメンを守り、全国へと発信する名物店です。「カレーとラーメンを組み合わせただけ」と思われがちですが、実はかなり奥が深いんです。

正広ではカレーラーメンのためにスパイス専用の保存庫を用意するほどのこだわりようで、長期熟成した約20種のスパイスからつくる特製ルーに、昆布やカツオ節、トンコツからとった和風ダシをブレンドして仕上げています。見た目以上にスパイシーで香り高いカレースープを、中太の縮れ麺がしっかりと絡めとります。県内でも三条市でしか出会えない、生粋のソウルフードです。

Information

【正広】

address:新潟県三条市石上2-13-38

tel:0256-31-4103

access:JR燕三条駅から車で約5分

営業時間:11:00~14:30L.O.(日曜・祝日は15:00L.O.)、17:00~21:00L.O.

※火曜の昼は14:30まで

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

駐車場台数:30台(共有) 席数:86席

【三条カレーラーメン】

浅草仕込みの英国風カレーが決め手!〈大黒亭 松屋小路店〉

浅草仕込みの英国風カレーが決め手!〈大黒亭 松屋小路店〉カレーそば(650円)
カレーそば(650円)

1928年創業の老舗で味わえるカレーラーメンです。創業当時は、ちょうどスパイスと小麦粉を使った「イギリス式カレー」が普及し始めた時代。濃厚なコクととろみがあるカレーを中華そばに応用した一杯は、大きな話題になったそうです。数種類のスパイスを効かせた濃厚なカレールーのつくり方や、ルーにブレンドする煮干しを中心とした和風ダシ、のど越しのいい自家製の細麺など、当時の味を守り続けています。

カレーそのものが懐かしい家庭的な味わいで、辛さは控えめ。たっぷりのスープで見えませんが、具材のタマネギの甘みもあってか飲み干す人も多いそう。トンカツやチャーシューなど、カレーそばのバリエーションも豊富。食べ歩きしたい人にはハーフサイズも。三条市内に3店舗。松屋小路店の近くには、鍛冶の魅力を体験できる「三条鍛冶道場」もあります。

Information

【大黒亭 松屋小路店】

address:新潟県三条市本町3-7-14

tel:0256-32-2728

access:北三条駅から車で約5分

営業時間:11:20~19:45L.O.

定休日:水曜(祝日の場合は翌日)

駐車場台数:30台(共有) 席数:28席

個性豊かな新潟5大ラーメンはいかがでしたか?

寒さ厳しい雪国ならではの成り立ちや風情あるお店のたたずまいなど、どのラーメンも食べた人しか体験できない魅力にあふれています。一度味わえば、新潟の美味を思い浮かべたときに、必ず「ラーメン」がランクインするはず! 心を震わせる珠玉の一杯を求めて、県内の名店を巡ってみませんか。

※掲載した情報は2018年5月20日時点のものです。

credit edit:Komachi編集部