新潟のつかいかた

豪雪地帯の秘境「松之山温泉」で味わう地元密着の味

新潟県の温泉地で食べたい
名物&絶品グルメ!
地元情報誌『Komachi』
が選ぶ9店 | Page 2 Posted | 2022/01/27

豪雪地帯の秘境「松之山温泉」で味わう地元密着の味

【 温泉地グルメ4 】

ボリュームに圧倒! 県産豚を満喫できる名物丼〈山愛〉

名物のカツ丼
津南町産の豚肉を200グラム以上使った「カツ丼」(1050円)。

松之山温泉街にあり、県産食材を使ったボリューム満点の料理を提供する食堂〈山愛〉。創業当時から変わらない味に、遠方から訪れる固定ファンも多いお店です。名物の「カツ丼」は、炊きたてのご飯の上に、隣町、津南町産の豚肉が200グラム以上のった一杯。その分厚さとボリュームに、思わず驚いてしまうはず!

〈山愛〉の客席
店内は、カウンターや小上がりが中心。

お肉の旨みがつまったカツと甘辛の味つけで、ご飯がすすみます。いつの間にか丼が空になっている、温泉街で長く愛される味わいをご賞味あれ。

Information

【山愛】
address:新潟県十日町市松之山湯本8-1
tel:025-596-2055
access:北越急行まつだい駅から車で約20分
営業時間:11:00~20:30L.O.(途中休憩あり)※変更の場合あり
定休日:不定休
駐車場台数:3台 席数:27席

【 温泉地グルメ5 】

モダンな雰囲気で味わう絶品そば〈滝見屋〉

〈滝見屋〉の天ざるそば
風味の良さにもこだわった「天ざるそば」(1600円)。

松之山温泉街の入り口にある〈滝見屋〉。かつて天ぷらや和食を中心に修業を積んだのち、同じ十日町市の老舗〈清兵衛〉でそば打ちを学んだ5代目の高沢平さんがお店に立っています。そば粉は、その清兵衛と同じ十日町産〈とよむすめ〉を使っていて、ふのりそばならではのツルッとしたのど越しとコシの強さを堪能できますよ。5代目自慢の、揚げたての天ぷらと一緒にぜひ味わって。

〈滝見屋〉の店内
温かみのある店内。カウンター奥には、多彩なコーヒーカップがずらりと並びます。

温泉客だけでなく、このそばを目当てに訪れる人も多いそうです。そばを食べたあとには、十日町のおいしいお水で淹れるコーヒーをどうぞ。

Information

【滝見屋】
address:新潟県十日町市松之山湯本1390-1
tel:025-596-2307
access:北越急行まつだい駅から車で約20分
営業時間:11:00~15:00、17:30~21:00(20:00L.O.)
定休日:不定休
駐車場台数:あり(共同駐車場も利用可) 席数:12席

【 温泉地グルメ6 】

笹の香りまでおいしい、温泉街の名物土産〈まるたか〉

よもぎ入本笹しんこ餅
〈まるたか〉のオリジナル商品〈よもぎ入本笹しんこ餅〉(10個入り850円)。

松之山温泉街にある土産店〈まるたか〉。コスメやお菓子など、松之山温泉のお土産を多くそろえています。こちらを訪れたらぜひ食べておきたいのが〈本笹しんこ餅〉。こしあん入りの餅を新潟県産の笹で包んだ、松之山の名物土産です。生笹の香りが漂う「白餅」と、餅にヨモギを練り込んだ「よもぎ入り」の2種類があります。

土産店〈まるたか〉の店内
「松之山温泉でお土産を買うならココ!」と言われるほどの品ぞろえ。(写真提供:十日町市観光協会)

店内には本笹しんこ餅のほかにも、「松之山せんべい」や自家製のつぶあん入りまんじゅうなどのオリジナル商品が多数。ここでしか買えないお土産を求めて、ぜひ足を運んでみてください。

Information

【まるたか】
address:新潟県十日町市松之山湯本9-5
tel:025-596-2076
access:北越急行まつだい駅から車で約20分
営業時間:8:30~18:30
定休日:不定休
駐車場台数:なし

〈ピッツェリア ポモドーロ〉の定番メニュー「トンノ」

次のページ:開湯200周年の「赤倉温泉」イチオシグルメ3選


次のページへ →