新潟のつかいかた

長年愛される味! 上越エリアのソウルフード3選

新潟県の隠れたご当地グルメ!
B級からソウルフードまで
地元情報誌が選ぶ県民熱愛グルメ9選 | Page 3 Posted | 2022/09/26

長年愛される地元の味! 上越エリアのソウルフード3選

【 県民熱愛グルメ7 】

イカ天とはひと味違う! 塩スルメが上越の味〈天ぷら 若杉〉

〈天ぷら 若杉〉の「元祖するてん」
スルメをカラッと揚げて天ぷらにした「元祖するてん」(600円)。

その日仕入れた新鮮な旬の素材を味わえる天ぷら専門店。こちらのおすすめは、上越名物として知られる「するてん」。厳選した日本海産の塩スルメを20時間天日干しにして衣を付け、ゴマ油で香ばしく揚げたもので、噛むほどに塩スルメの凝縮された旨みを楽しめます。

カウンター席とテーブル席が並ぶ〈天ぷら 若杉〉の店内
カウンターには日本海の地魚に旬の野菜など、日々の揚げダネが並んでいます。

オーダー後、目の前のカウンター越しに揚げてくれるので、アツアツを楽しめるのも魅力。メニューは用意していますが、素材やひとりひとりの好みに合わせ、オーダーメイド感覚で揚げてもらえますよ。

Information

【天ぷら 若杉】
address:新潟県上越市西城町2-3-33
tel:025-525-5627
access:妙高はねうまライン高田駅から車で約5分
営業時間:11:00~14:00(13:30L.O.)、17:00~22:00(21:30L.O.)
定休日:日曜
駐車場台数:10台 席数:20席

【 県民熱愛グルメ8 】

糸魚川で愛され続けている伝統の飴〈牧野製飴店〉

〈マキノ式飴〉
キラキラと輝く〈マキノ式飴〉(5個100円)。写真はイチゴ味。

昭和29年創業の糸魚川を代表する製飴店。看板商品は、昔ながらの伝統製法でつくる〈マキノ式飴〉。こだわりの飴は、気候に合わせた火加減で煮詰めるなど、ひと粒ひと粒丁寧に手づくりしています。子どもからお年寄りまで楽しめる素朴な味わいと、良心的な価格も人気の理由です。

ガラスケースに入った〈マキノ式飴〉各種
カラフルな飴玉は、イチゴや黒糖、落花生など8種を用意。

バラ売りのほか、ミックス25個入り(500円)や全種33個入り(660円)も販売。さらに、季節限定フレーバーが登場することもあります。おやつやお土産にいかがでしょうか。

Information

【牧野製飴店】
address:新潟県糸魚川市本町4-10
tel:025-552-0725
access:JR糸魚川駅から徒歩で約5分
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜、第4月曜
駐車場台数:1台 席数:なし

【 県民熱愛グルメ9 】

揚げたてアツアツ! 糸魚川っ子の定番グルメ
〈肉のひらさわ支店〉

〈肉のひらさわ支店〉のコロッケ
絶妙な塩加減でジャガイモの旨みを引き出した「コロッケ」(1個100円)。

昔から変わらない味で愛されている糸魚川の精肉店。肉汁たっぷりの「メンチ」や昔ながらの「コロッケ」をはじめ、手づくりのお惣菜も販売しています。一番人気の「コロッケ」は、ジャガイモの旨みを引き出す塩加減と、ほど良い厚さの衣が特徴。遠方から足を運ぶファンも多いそうです。

〈肉のひらさわ支店〉の店内
白を基調とした爽やかな印象の店内。座って休憩できるスペースもあります。

天気のいい日は、店頭にベンチが設置されることも。せっかくなら、その場で揚げたてを楽しんでみてください。

Information

【肉のひらさわ支店】
address:新潟県糸魚川市上刈3-15-20
tel:025-552-0335
access:JR糸魚川駅から車で約5分
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜、ほか不定休
駐車場台数:7台 席数:12席

ご当地グルメを楽しむ新潟旅へ

食べてみたいグルメはありましたか? 「米」「酒」「海鮮」のイメージが強い新潟県ですが、ご当地ならではの個性派グルメも魅力的なんです。「県民熱愛グルメ」を求めて、コアな新潟旅を計画してみてはいかがでしょうか。

*価格はすべて税込です。

credit edit:Komachi編集部